それぞれに

頭の中が、子どもたちと演奏曲のマリアージュでいっぱいで、古典から現代まで聞き漁っている日々。ブログが滞っていることにはたと気づき、途中経過のご報告!
 

発表演奏会では、芸術音楽、いわゆるクラシック音楽(高度な芸術性を内包する精神性の高い音楽)を学び、その技術力、表現力の向上を目指していきます。
 

昨年今年と、夏期勉強会では民族起源や旋法に影響を受けた音楽が続きました。そのような状況から、今年の発表演奏会では、子どもたちを主体に考えながら、いわゆるキリスト教文化から生まれたオーソドックスなクラシック音楽、いわゆるドイツ・オーストリアを中心とするロマン派、フランス、ロシア、スロヴァキア…そしてクラシックの新天地アメリカ、そして、日本起源の音楽などに光をあてています。
 

一方で、今、その子どもの気持ちから、どうしてもポピュラー音楽がいい、となれば、それを表現することも取り入れます。ポピュラー音楽は、人々の日常生活の中にある喜怒哀楽を直截に表現する娯楽性の強い音楽、と言われる所以から、成長期、特に高学年以上の子どもたちにとって、その表現に意味を持つことに一定の理解がある、と考えるからです。
 

そんなこんなで、プログラム第一部の上級生の曲が、だいぶ出揃いました。今週からはプログラム第二部の3歳〜9(3年生)歳の子どもたちの選曲へスイッチ。彼らには、彼らの視野、彼らの世界、彼らのセンスに溶け込むように、曲をマリアージュさせていきます。この荒天が、幸い。
 

今のMJの子どもたちとかけて多彩なジャンルととく。その心は?
「音楽で育つ!」

←前の投稿

Paella Simotaka また次回へ!

→次の投稿

MJ主催 吉岡駿ピアノリサイタル

9:45 AM , 21/10/2017 それぞれに はコメントを受け付けていません。
designed by fortissimo inc.