ピレシュ ファイナル公演

あゝ終わってほしくない。いつまでも聞いていたい。
 

一緒に聞いていた娘は、月夜の晩に湖に浮かぶ蓮の葉のそよぐ音、とアンコールのバガテルの演奏にため息をついていた。一つの楽器から奏でられる音楽でこんなにも沢山の人を感動させることの出来るピレシュの、ファイナル公演。音が無くなっても余韻は続き、ホールから出た途端私は師匠アリシア(デ・ラローチャ)を思い出して泣けてきてしまいました。このリンクは何なのでしょう。マリア・ジョアン・ピレシュ ベートーヴェン・ピアノソナタの夕べ、特別な晩でした。
 

The final Japanese performance of Maria João Pirès. It was a concert that brought people a special impression.
 


 


 

←前の投稿

可能性

→次の投稿

子どもたちは菜の花の如し

6:43 PM , 13/04/2018 ピレシュ ファイナル公演 はコメントを受け付けていません。
designed by fortissimo inc.