勉強会9)Rianxeira リアンシェイラ [Galicia]

スペイン・ガリシア地方の人々に、
よく歌われているRianxeira(リアンシェイラ)
 

この曲をMJアレンジ!
 

弾いてもらいたかった
小3Sさんに、
自作アレンジを
聞いてもらいましたよ。
 

「弾く!」
ー良かった!
 

ところで、歌詞…
もしか、
ロマンス語由来の言葉のわかる方がいたら、
以下、何語だかわかりますか?
 

A virxe de Guadalupe
cando vai pola ribeira,(bis)
descalciña pola area
parece unha rianxeira. (bis)
estribillo:

Ondiñas veñen(bis)(bis)
ondiñas veñen e van
non te embarques rianxeira
que te vas a marear.
(bis)

A virxe de Guadalupe
cando veu para Rianxo,(bis)
a barquiña que a trouxo
era de pau de laranxo. (bis)
 

estribillo:
 

“Ondiñas veñen…”

A virxe de Guadalupe
quen a fixo moreniña,(bis)
foi un raíño de sol
que entrou pola ventaiña
 

そうなんです、
いわゆるスペイン語(カスティーリャ語)ではなく、
ポルトガル語に近いガリシア語なのです。
 

ここでも、バスク語や
カタルーニャ語と同じように、
多言語国家であるスペインを
感じられますね。
 

私はカスティーリャ語なら、
イメージが乏しくても
なんとなくわかるのですが、
ガリシア語は言葉がわからないので、
 

いつも片腕を担いでくれる
濱田吾愛さんに
ご協力いただきましたよ。
 

↓吾愛さん訳
 

*****
 
グアダルーペの聖母さま
岸辺ゆかれるそのときは
はだしで砂地ゆくさまは
まるでリアンショ娘のよう
 
(リフレイン)
波は寄せる
波は寄せては返す
船には乗るなよ、リアンショ娘
具合が悪くなっちまう
 
グアダルーペの聖母さま
目指すはリアンショ
船にはオレンジの
枝など積んで
 
(リフレイン)
 
グアダルーペの聖母さま
肌はこんがり小麦色
その姿は窓から射し込む
お日さまの光
 
*****
 
さて、Sさん、共にイメージを膨らませていこう!
 

現地では、よく歌われると思われ、
お祭りでのRianxeria熱唱など、
たくさんの投稿があります。
民衆の音楽、として定着、といった感じ?
 

この曲は
今でこそガリシア人の愛唱歌として、
多くのガリシアの人々に親しまれているようですが、
実は、その昔アルゼンチンに移民した
ガリシア人による作品だとか。
 

発祥はアルゼンチンの地、なんですね。
アルゼンチンに渡ったガリシア人の郷愁が、
のどかなお祭りの情景となり、
明るく歌い継がれている、のかしら!
 

なんだか、いいなぁ。
 

どこか懐かしさのある曲、
いつか、行って聞いてみたい。
 

Rianxeira

←前の投稿

自由のために

→次の投稿

フランス詩と音楽第7回盛況!

11:46 PM , 15/06/2017 勉強会9)Rianxeira リアンシェイラ [Galicia] はコメントを受け付けていません。
designed by fortissimo inc.