音楽は廻る(めぐる)

カズオ・イシグロ著
わたしたちが孤児だったころ より 
カズオ・イシグロ…ノーベル賞作家


 

写真の赤線の文、と
この下↓以前記したブログに出てくる
MJで子どもたちが出逢う曲との関係性

1892年へタイムスリップ


 

なんと!!
往年の流行音楽から
MJの子どもの演奏とイシグロ氏の文学が繋がり、
そして、その音楽により
イシグロ氏の小説の時代背景が判明!

 

このブログにある音楽Daisy,Daisyは、
私が子どものピアノ初歩のレッスンに
好んで使うイギリスのテキストに
掲載されています。
つい先日も年長のHさんが弾いていたばかり、
MJでは身近な曲となっています。
 

…そんなこんなで
今日もレッスンにて、
読書好き小6のRさんと読書談義になったとき、
「先生は、何かのシリーズにハマることある?」
と聞かれたので、すかさず
「最近は、カズオ・イシグロさんの本に
文字通りハマっていますよ」
と答えました。
 

入江真佐子さんの丁寧で優しい響きの訳が
読み手に一層の心地よさを与えていることも
一役買っていることと思いますが、
 

どの作品も、
いくら読み進めても、
時代背景や人物関係についての、
はっきりとした言及が無い。
それが、何とも面白い。
 

だから、この音楽の描写で、歴史を感じ、
時代を感じることができたことは、
読み手に密やかな喜びが生まれたものでした。
 

音楽と文学の繋がり
廻りゆく、芸術の楽しさ
 

もう1つ
・ギロックとブルグミュラー
・ドビュッシーとクレメンティ
 

いずれも時代が異なる作曲家同士の繋がりですが、
こちらも面白いので、
後のブログにてご紹介します。
 

←前の投稿

しもたかぞくの撮影

→次の投稿

若き才能、音楽環境創造

12:50 AM , 11/02/2018 音楽は廻る(めぐる) はコメントを受け付けていません。
designed by fortissimo inc.