MJを巣立って(近況報告)

今週水曜日は、MJから巣立った生徒さんに縁のある日でした。
 

久しぶりの生徒の訪れは、心から嬉しいものです。
 

まずは、高3のSさんが高校卒業と大学進学の報告などの挨拶にいらっしゃいましたよ。前回は一昨年の発表演奏会後のMJ高楽年会に来てくれましたから、1年半ぶりの再会です。中学から北海道に寄宿生活をしていた彼女は、6年の充実した時を過ごし、卒業とともに下高井戸に帰ってきたのです。
 

彼女は、中・高とピアノ係をしていて、卒業式でも高3生の合唱伴奏で弾いたそうです。
 

そして、今春、大学に奨学金入学が決まり、広い視野を持って新たな路へ進もうとしています。
 

日本語(古文・漢文・現代文)の好きな彼女が今興味を持っている未来路は、国際交流。
 

MJでは、彼女の将来を応援していきます。音楽は国際交流に、最も優しく近い文化の一つと思いませんか?
 

———–
 

そして同日昼は、現在アメリカ留学中の高2Nさんお母様との久し振りの再会でした。
 

Nさんは、MJに4年以上いる方なら、お分かりになりますネ?3年前の発表演奏会まで出ていましたよ。彼女も元気に過ごしているそうです。
 

彼女の状況をお母様からいろいろ伺ううちに、彼女は学問と生き方は紙一重といった「器」の大きな人に育っていると感じましたし、それはMJでそのような生き方を心がけ目指している私にとっても、嬉しいものでした。
 

高1の後半で、人生において完治しない大けがを負い、日本の学校主義の高校生活(全ての学校がそうではありませんね)において、生活にも、人道的にも、彼女は大変に苦労したそうです。その中で、学校や社会に疑問を呈しながらも、学問は変わらず積み重ねていたとのこと。これらは、彼女にとって今後の生き方のための佳き労苦となることでしょう。このような場合に、大変聡明な彼女は、それを公に批判することより、なぜそうなったか、自分だったらどうするか、未来へはどう繋げていきたいかと、その反応を進路選択という実践に移していました。高2終盤の今、まさに渦中にいます。心から応援したいと思います。
 

今日のお二人に共通しているのは、様々な苦労に直面しつつも、視野が広くあることを感じました。希望は大きいですね。そして、巣立った先輩の訪れや近況報告は、後輩には確実に手応えがありますね?
 

←前の投稿

若き才能、音楽環境創造

→次の投稿

2018春のクリーン大作戦

10:48 AM , 22/02/2018 MJを巣立って(近況報告) はコメントを受け付けていません。
designed by fortissimo inc.